佐世保バカ釣りブログ

佐世保バカ釣りブログ

h29.5以前のブログはこちら~http://56.xmbs.jp/wafs/

タチウオ釣りの基本♪

タチウオだけじゃなく、

エギング、アジングと

 

どんなルアーフィッシングにも

共通する基礎的な事なのですが


f:id:k_u_r_a_g_e_n:20180923095629j:image

タナの探り方。

魚の居るタナをキープの仕方。

自分が一体、水中のどこにルアーを

通しているかイメージの仕方を

一例として紹介します(*^^*)

(スーパー初心者向けなのである程度やってる方はスルーしてください(笑))

 

①まずはルアー、ジグヘット等の沈下速度を

測ります(*^^*)


f:id:k_u_r_a_g_e_n:20180921081553j:image

エギはパッケージに書いてあるのを

見たことあると思います。

 

ちなみに上の汚い図は

太刀魚テンヤ24gでやって見ました(*^^*)

 

まず、足元に落としフリーフォールでカウントをします。

今回は5カウント、着水させてフリーフォールで5カウントを測りラインを止めます。

 

そして水面からルアーまでの長さ(落ちた距離)を測ります。

 

今回は9.6フィートのロッド2本分でした。

 

つまり約6メートル!

5カウントで6メートル沈みます。

(エギはノーマルで1メートル3.2秒くらいかな?)

 

次は

②釣り場の水深を測ります。

 

投げてボトムに着くまでカウント
f:id:k_u_r_a_g_e_n:20180921082523j:image

 

そこに着くまで10カウントでした。

ここの着水地点の水深は約6メートル!

 

(エギは沈下速度が遅く、流されやいすので誤差が出やすいです。)

 

 

ここまでは初心者の方でも

やってると思います(*^^*)

 

水深はわかったので次は

タナをキープための作業。

 

③アクションの浮き上がり距離(時間)を測ります。
f:id:k_u_r_a_g_e_n:20180921082851j:image

 

ボトムから5ジャークののち

フリーフォール5秒でボトムに着きました。

ジャークはワインドを意識してます(*^^*)

 

ここである程度

 

安定するアクションの感覚を覚えます。

アクションとフォールで

プラマイゼロにする感覚!

(テンヤは根掛かり注意です!)

 

次に一度回収して、

④カーブフォールでのカウントを測ります(*^^*)

投げてラインを止めボトムに着くまでカウントするだけ
f:id:k_u_r_a_g_e_n:20180921083523j:image

 

20カウントでした。

 

これでだいたいの情報は集まりました。

 

あとは情報を元に

釣りをすればタナを外さずに釣りが出来ます!(大体ですが(笑))

 

フリーフォールもしくはカーブフォールで

狙うタナまで落とします。

太刀魚は最初のカーブフォールで

当たることもあるのでカーブフォールで

魚の居るタナを探るのもいいと思います。

 

狙うタナまで落としたら

あとは先ほどのアクションで

タナを外さないように探るだけ!

 

あとは感覚で沈みすぎや浮きすぎと思ったら

 

ジャークを増やしたりフリーフォールを長く取ったりして感覚で

元のタナに戻せばいいと思います(*^^*)

f:id:k_u_r_a_g_e_n:20180921083858j:image

こんな感じですね(*^^*)

(もちろん潮の流れ、距離によって

誤差はでます。)

 

 

着水してから何秒のところで

釣れるとかでも

いいんですが・・・

ボトムから水面までの

どこの層で釣れてるのかイメージすることで

ルアーを変えてた時もすぐに対応出来るし、

また魚が今どーゆう状態なのかを

知ることも出来ます(*^^*)


f:id:k_u_r_a_g_e_n:20180923095814j:image

太刀魚はタナで釣果が変わってるくると

思いますので

皆さんもイメージを、大切に♪

 

 

では!